あさイチ 備えない防災グッズ(災害時に役立つ普段使いできるグッズ)

テレビ
記事内に広告が含まれています。

2024年4月25日のあさイチにて特集された、いざ!と言わないときでも使える備えない防災グッズについてご紹介します。

あさイチ 備えない防災グッズ

今日のあさイチにて特集されたのは備えない防災グッズ。

防災グッズはすぐに持ち出せるところに置くのがベストと言われていますが、どうしても生活の邪魔になって しまい込んでしまいがち。

備えない防災グッズは普段はアートとして壁にかけながら非常時にはトイレになる携帯トイレや、折り畳めるランタン、非常時には寝袋になるクッションなどインテリアになじみ普段使いができながらも、いざという災害時に役立つ防災グッズのことです。

便利なアイテムがありましたので、調査してみました。

アートトワレ

artwalet(アートトワレ)はパッと見はアート。

ですが、中には災害時に役立つ携帯トイレセットが入っています。

凝固剤と2種類の袋のトイレ処理セット5回分(1日分)とピンが入っていて、10年間保存が可能。

断水でトイレの水が流せないときなどに既存のトイレなどで簡単にトイレ処理が行えます。

アートの中に入れることで目の届くところに置きやすいため、いざ!というときにも すぐに使えます。

Sora
Sora

アートパネルのアートは着せ替え自由!
好きな絵や写真に変えることができます。

まいにち株式会社
アートトワレ
(1,760円)

SONAENO クッション型多機能寝袋

SONAENO クッション型多機能寝袋は、ソファーや車内でクッションとして使用できる寝袋です。

全長200cmなので、背の高い男性でも のびのびと寝られる寝袋は、枕付きの頭すっぽりフードや貴重品ポケットなど災害時に少しでも快適に寝られるような工夫も施されています。

また、中に入った状態で首元の紐をしめれば着替えや授乳の際の目隠しにも便利!

クッションとしては地味に感じられるオリーブグリーンやダークグレーの色味は、避難所などで使う際に見た目で性別や年齢を推測しづらくなるように配慮されてのことです。

しかし市販のクッションと同じサイズなため、普段は市販のクッションカバー(45cm×45cm)をつけておけばインテリアになじみ違和感はありません。

袋をなくし収納を簡単にしているので、慣れたら1分ほどで収納&オープンが可能に!

Sora
Sora

抗菌防臭
丸い洗いもOK!
なのでキャンプや車中泊にも
便利です。

プロイデア
SONAENO クッション型多機能寝袋
(12800円)

CARRY THE SUN

キャリー・ザ・サンは電池不要のソーラーランタン。

電池を必要としないソーラー充電式で、フル充電で最大72時間の使用が可能です。

また、シンプルでモダンなデザインのランタンですがヨットの帆にも使える丈夫な生地とCD1枚分という軽さが特徴。

そして重さはわずか86g。

なので折りたためばスマホと同じ位の薄さと大きさにコンパクトに収納ができます。

キャンプやアウトドアはもちろん、ふだんは寝室の読書灯に使ったり、防水加工も施されているのでお風呂の雰囲気づくりにも活躍してくれます。

Sora
Sora

持ち運びやすく
停電のときにも
すぐに使えることから
被災地にも送られています。

CARRY THE SUN
(3300円〜)

日常で使える防災スリッパ

日常で使える防災スリッパは、非常時だけでなく普段から使える防災スリッパです。

一見ふつうのスリッパに見えますが、裏が丈夫な素材になっているので災害時の落下物やガラス片・釘などの危険から足を守ってくれます。

さらに足裏は滑りにくいEVA製なので災害時の避難でも安心です。

ゴムバンドがついていますが、こちらは2Way仕様。

ふだんは甲に固定してスムーズな脱ぎ履きが行えますが、災害時にはゴムをかかとに回すことで足場が不安定な場所や、急いでいるときにも脱げにくいので安心して履くことができます。

キングジム
日常で使える防災スリッパ
(4180円)

明治ほほえみ らくらくミルク

明治ほほえみ らくらくミルクはフェーズフリーアワード2023でSilver賞を受賞した赤ちゃん用の液体ミルクです。

フェーズフリー
フェーズフリーとは身のまわりにあるモノやサービスを日常時はもちろん非常時にも役立つようにデザインしようという考え方のこと。

アタッチメントをつければ、そのまま赤ちゃんに与えることができます。

ふだんは調乳不要なのでお出かけのときや夜中の授乳に便利!

災害時では断水をしていた場合や、お湯が用意できない場合に役立ってくれます。

明治
ほほえみ
らくらくミルク

おさらい

今日のあさイチにて特集された備えない防災グッズを紹介しました。

以下、さくっとおさらいです。

備えない防災グッズ
・アートな携帯トイレ:アートトワレ
・クッション型寝袋:SONAENO
・ソーラーLEDランタン:キャリーザサン
・日常で使える防災スリッパ
・アタッチメントを付ければそのまま飲める:らくらくミルク

防災グッズは非常時にパッと手にとれる場所に置いておくのがベスト。

ですが、ふだん使うものではないので ついついしまい込んでしまいがちです。

そうなると、いざ!というときに「壊れていた」や「使い方が分からない」といった準備ができていない場合も。

備えない防災グッズは日常に溶け込ませることによって、手に届くところで普段使いしながら備えられ、さらに災害時には普段使っていた馴染みのあるものが使えるというのが利点です。

いまの防災グッズのトレンドとなってきている備えない防災グッズ。

ぜひ防災グッズの見直しの際の参考にしていただければ幸いです。

Sora
Sora

めざましテレビにて特集された
ハンズやドンキホーテでも購入できる
非常用簡易トイレやシーンに合わせた防災セットなどの
防災グッズも紹介しています。
よろしければ合わせてご覧ください♪

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

コメント